センフォース100mgのジェネリックの種類と形状の違いについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
センフォース

センフォース100mgのジェネリックの種類と形状の違い

センフォース

センフォース100mgはバイアグラと同じ成分を含んでいるED改善薬のジェネリック品です。ジェネリックの種類と形状の違いについて説明すると、一般的にED治療薬にはバイアグラ系、レビトラ系、シアリス系の3種類のジェネリックがあり、こちらはバイアグラ系となっています。センフォースには50mgと100mgのタイプが用意されており、センフォース100mg錠の場合、半分に割って飲むことで、コストが軽減されることでも人気がありますが、割るのが面倒だと思われる方は少なめの成分を選ばれると良いでしょう。
形状の違いですが、錠剤タイプの他に、センフォースソフトと言って、水が無くても摂取できるチュアブルタイプがあります。かみ砕くだけで摂取できるので便利です。またセンフォースプロフェッショナルと言って、口の中で溶かしていくタイプもあり、こちらは効果が出るまでの時間が早いので人気があります。その他に、早漏防止効果のあるダポキセチンという成分を配合した物もあります。
以上がセンフォース100mgのジェネリックの種類と形状の違いについての説明となります。

センフォース100mgと50mgと形状、効果の違い

薬形状

センフォースはバイアグラのジェネリック製品として、低価格で購入できることから世界各国で愛用されています。日本でもっとも流通しているものが50mgの錠剤ですが、100mgの製品も販売されているのでセンフォース100mgと50mgと形状、効果の違いを解説していきます。まず100mgだと1箱で約6980円で販売されているため、1錠あたり1745円になります。50mgだと1箱6480円で1錠は1620円になります。錠剤の形状はどちらも同じ三角形をしていますが、センフォース100mgの方が一回り以上大きくなっていて真ん中にくぼみが入っています。有効成分にも違いがあらわれており、センフォース100mgにはクエン酸シルデナフィルの含有量が50mgの2.2倍で薬の持続時間が約7時間にも及びます。その為、服用した際の副作用としておあらわれる動悸や頭痛・鼻づまりの症状も50mgを服用した際よりも長く体感することになります。

センフォース100mgの偽物と本物の形状成分の違い

成分

センフォース100mgの偽物と本物の形状成分の違いについてですが、個人輸入などで入手した場合、残念ながら偽物や模造品が多くあります。
まず本物の場合有効成分としてシルデナフィルが入っています。
偽物の場合、この成分は同じでも含有量が多すぎて身体に害を及ぼしてしまったり、少なくて効果が無かったりすることがあります。酷いものになってくると入っていないこともありますが、どちらかというと、後者だと効果がなくすぐに気づかれてしまうため前者の方が多い傾向にあるようです。そうなると、効果はありますが、強く出てしまい最悪の場合は、身体に不調をきたすだけではなく命の危険となることもあります。
また、偽物はどんな場所で作られているかわからないため、衛生状態が悪い場所で作られていたりすることもあります。中には何が含まれているかわからないものも存在しますし、未承認の薬品が入っていることも少なくありません。
ですが、個人輸入などの場合は見分けるのが難しいのが現実です。

バイアグラとの形状成分の違いはない「センフォース100mg」

センフォース

バイアグラは1998年に米国のファイザー製薬から発売された医薬品になり、シルデナフィルと呼ばれる有効成分が主に配合されているものです。一方の「センフォース100mg」は、バイアグラの後発医薬品でジェネリックになるものですから、配合されている主成分はバイアグラと同じシルデナフィルとなっています。形状も錠剤でタブレットタイプになるので、バイアグラとの形状成分の違いはないと言って良いでしょう。
「センフォース100mg」には、効果が期待できる有効成分のシルデナフィルが100mg含まれていて、バイアグラにも同じ100mgという製品が発売されています。ED治療薬として世界的に有名なバイアグラとの形状成分の違いはないと言って良いものですから、「センフォース100mg」をおすすめすることができるでしょう。使用される場合には、くれぐれも服用方法や飲み方に副作用や注意事項などを確認された上で飲みたいものです。

EDと早漏の治療はセンフォース100mgがおすすめです

精力

男性の人に言えない悩みといえば、EDなどの勃起不全や早漏でしょう。
満足できるようなセックスができないことは男性自身の自信までなくしてしまうのです。
年齢とともに個の悩みは増える傾向にありますが、若い人でもストレスやセックスにおけるトラブルから症状を感じる男性もいます。
EDと早漏の治療はバイアグラのジェネリック薬品の一つである「センフォース100mg」がおすすめです。
バイアグラと同様のシルデナフィルクエン酸塩を含んでおり、勃起を抑えてしまう体内酵素の働きを阻害してくれる作用があります。
購入にあたっては日本の製薬会社では作られていない医薬品であるため、インターネット上にある個人輸入代行を利用するほかはありません。
日本人には一錠あたりに含まれている成分量が多いので、一錠をピルカッターで半錠にしてから服用するのがおすすめです。
万が一、副作用を感じた場合には、すぐに服用を辞めて医師や薬剤師に相談してみるとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*