バイアグラジェネリックセンフォース100mgの効果・効能とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
センフォース

バイアグラジェネリックとはファイザー株式会社以外のバイアグラの事

バイアグラジェネリックとはファイザー株式会社のバイアグラ以外で厚生労働省が承認した「シルデナフィル」を有効にした勃起不全治療薬のことです。ジェネリックというのはバイアグラの後発薬とも呼ばれます。日本国内でバイアグラジェネリックと呼ばれるようになるには、主成分「シルデナフィル」の物質特許と勃起不全治療に対する用途特許の2つの特許権が切れていることが条件となります。
ファイザー株式会社のバイアグラの物質特許は2013年の5月で切れており、用途特許の方は2014年5月で満了になっています。バイアグラジェネリックとはバイアグラと同じ生物学的同等性と長期保存試験や加速試験等で、その薬剤の安定性を証明し、様々な手続きのあと厚生労働省から製造販売承認得ることができたものです。2014年末までにバイアグラジェネリックは10社から発売されています。中には水無しで飲めるようなものやレモン味、コーヒー味のようなものもあります。

値段が安いジェネリックセンフォース100mgの効果・効能とは

医薬品にはジェネリックセンフォース100mgというものがあります。これは薬の効果・効能は同じですが、添加物や薬の形状が違うものです。最大の違いはその値段にあります。ジェネリックセンフォース100mgはそれまでの薬と比べて大幅に安く販売されます。バイアグラでも同じようにバイアグラジェネリックという製品が開発されています。健康な男性は性的な刺激を受けるとペニスの血管拡張を促す物質が分泌されます。それが様々な理由でこの物質の分泌を妨げる酵素が働くと血管拡張が起こらずに完全に勃起しなくなります。バイアグラの効果・効能とはこの酵素の働きを阻害することで勃起を促すというものです。既存のバイアグラでもジェネリックセンフォース100mgでも主成分は同じなので、薬効も同じだけ期待できます。従ってジェネリックセンフォース100mgのほうに乗り換えたほうが経済的な負担が少なくなるので、お得になるといえます。しかし薬全体に言えることですが、個人差がかなりあるので、変更する場合は必ず医師に相談することが重要です。

バイアグラジェネリックの種類について

バイアグラジェネリックの種類は、現在のところ25mg、50mg、そして100mgがあります。その中でも日本国内で認可が下りているのが25mgと50mgだけであり、100mgは日本では認可がされていないので合法的に入手することはできません。しかしながら、海外では100mgのバイアグラジェネリックの販売が行われているため、価格も日本のファイザー製薬の50mgのものと同じなので、それなら100mgのものを試してみたいという人たちが個人輸入代行業者を輸入して香港や中国などから輸入しています。海外から個人輸入代行業者を介して薬を輸入する場合には、処方箋がいらないので、注文からたったの1週間程度で届きます。ただ、需要の高まりとともに悪質な業者も横行しており、偽物のバイアグラジェネリックを掴まされてしまうことがあります。偽物にはどんな成分が含まれているのか不明なので、体に害を及ぼしてしまう危険性があり、注意喚起がなされています。

バイアグラジェネリックセンフォースの購入方法は

ジェネリックセンフォースの購入方法は個人輸入で海外から入手する方法です。病院で入手するときは、この治療には保険は適用されませんので病院によって値段の差はかなりありますが、大体ジェネリックセンフォースの価格はバイアグラの3分の1から3分の2で購入できますのでコストを抑えることができるので助かります。
ジェネリックセンフォースの購入方法でわざわざ病院に行くのはためらわれるという人には個人輸入という購入方法もあります。個人輸入する場合は値段の差もかなり大きくなり、日本でもバイアグラより安価なジェネリックなセンフォースのに6分に1位になることもあります。ジェネリックセンフォースは世界中で製造販売されているので、偽物もそれだけ多いということが言えます。偽物にだまされないためには製造している会社がとても重要ですし、またその会社が他の医薬品を製造しているかどうかを調べるということも大事です。

センフォースにはデメリットメリットがあります

バイアグラジェネリックとは、ファイザー製薬のバイアグラ以外で厚生労働省から承認を得たシルデナフィルという有効成分を配合した勃起不全治療薬のことを総称して言います。バイアグラジェネリックとして販売されていますので、有効性はほぼ同じとされます。料金はバイアグラに比べてジェネリックセンフォースの方が安価となっているので、利用しやすいともいえます。効果についてはほぼ同じとされていますが、副作用についてはそれぞれ違うので注意が必要です。センフォースも用法・用量を守り、効果を強めたいなどと自己判断で薬の量を増やすようなことは辞めましょう。

センフォースは勃起不全治療薬です。薬である以上はデメリットメリットがあります。もし、普段から常用している薬などがあれば併用禁忌薬となっているかもしれませんので、確認をしたうえで服用する事で副作用を抑えることも出来ます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*