ジェネリックセンフォースを個人輸入代行で購入する方法は簡単

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
センフォース

ジェネリックセンフォース個人輸入代行で購入する方法は簡単

バイアグラジェネリックは、日本のメーカーのバイアグラ以外で厚生省の認可を受けた有効成分とした勃起不全治療薬のことをいい処方箋をもらうことで購入できます。海外には、このジェネリックセンフォースがインドなどではバイアグラのインド製ジェネリックとして正規医薬品として流通しています。

センフォースを個人輸入代行で購入する方法は、個人輸入であれば薬事法上の許可を得ていなくても一定数量以内であれば認められています。個人輸入で海外のジェネリック正規品は自宅で購入することができるので手間がかかることはありません。対面して処方箋を得る必要がありません。個人輸入代行業者の正規輸入を利用して自宅に一定量を送付してもらえば難しい手続きは必要なく個人輸入代行業者が海外から送付手続きをとってくれます。海外で製薬会社が販売している正規品を薬局で購入するのと同じ方法で日本国内に送付してもらい使用することができます。

センフォースの個人輸入代行の安全性について

近年は、EDで悩んでいる男性が数多くいます。EDで悩みつつも、なかなかクリニックには行きにくく、ひとりで悩んでいる人が多いのです。そのような人たちは、医師の処方箋でED治療薬を入手できませんので、輸入で治療薬を入手する方法をとります。
ED治療薬の中で人気が高いとされているセンフォースは、個人輸入が可能です。しかし、個人輸入ですと面倒な手続きが必要となりますので、よく利用されているサービスが個人輸入代行サービスです。
個人輸入代行の安全性につきましては、インターネットなどで口コミをリサーチして安全な業者であるかを予め確認しておく必要があります。センフォースの本物をしっかりと届けてくれることを口コミで確認し、注文をすれば確実にバイアグラジェネリックを入手することができます。センフォースを服用するにあたっては自己責任となりますので、用法用量を正しく守って服用することが必要です。

センフォースの輸入代行のデメリットメリットについて

センフォースは輸入代行を利用して簡単に入手することができるようになり、誰にも知られずにこっそりと利用したいという方の場合には、処方箋がいらないので気軽に利用することができます。また、輸入代行のデメリットメリットについて詳しく説明すると、ネットの輸入代行販売を利用しているサイトを利用して購入すれば、最速で入手することができるという点がメリットです。できるだけ速く手に入れたい、難しい手続きは全て任せてしまいたい、そんな要望にも答えてくれるので輸入代行を利用してセンフォースを入手することはメリットが多いのも事実です。他方、個人の輸入代行業者には悪質な業者も少なからずいるため、粗悪品を掴まされてしまうというデメリットがあります。できるだけ口コミなどを参考にして、安全で信頼のできる業者を見つけることが大切です。このようなメリットとデメリットを参考にして輸入代行業者を利用したいところです。

センフォースの個人輸入代行の相場価格について

日本のバイアグラジェネリックの場合、50mgが1500円程度で販売されています。個人輸入代行を利用して海外から輸入する場合、個人輸入代行の相場価格は、100mgが日本の50mgの価格と同等の1500円程度で販売されていることから、それを買い求める人が圧倒的に多いのです。日本国内では100mgのセンフォースの販売は認められていないため、日本の病院で入手することはできません。そういった理由から、その効果を実際に試してみたいがために個人輸入代行業者を利用してセンフォースの輸入を試みる人が相次いでいます。もともと高価な薬であることは事実ですが、効果が高いことから需要があります。個人輸入代行も香港や中国を中心として業者が増えている状況です。ただ、問題点としてファイザー製薬のバイアグラジェネリックではない偽物が数多く出回っている点です。そのため、偽物を間違って服用したために健康被害が出ています。

センフォースの手配における個人輸入代行の注意事項

本来の薬剤と同等の効能を有しているのにも関わらず安価に買い求められるのがジェネリックであり、薬剤の処方において一般的になったジェネリックはバイアグラにも存在しバイアグラジェネリックとして扱われています。
ただし、バイアグラジェネリックは日本国内で販売されていないため、購入したいと考えていても通常は手に入れる事は不可能です。
そこで、通常であれば手に入れられないセンフォースを手に入れる事が可能な唯一の方法としてあるのが、個人輸入代行のサービスを利用する事です。
しかし、個人輸入代行を利用するとセンフォースが手に入れられるのは事実ですが、個人輸入代行の注意事項を十分に念頭に置いた上で購入しなければなりません。
まず、海外から輸入する形になるので国内のECショッピングのように翌日や翌々日に届く事はなく、1週間から2週間は日数を要するため必要な時に手元に無いという事態に見舞われる恐れがあります。
その他にも偽物が送られてきたり、本物であっても日本人の体質などに合っておらず健康被害を受ける恐れがある事も個人輸入代行の注意事項です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*