カマグラゴールドの本物と偽物の見分け方を徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カマグラゴールド

偽物が出回るほど人気のカマグラゴールド!

カマグラゴールド

カマグラゴールドは、その高い効果と実績からすでに世界中で愛用者がおり、高いリピート率を誇っています。

単に勃起障害を改善してくれる治療薬としてだけでなく、中折れや早漏といった悩みを抱える多くの男性にも支持されていることを考えると、その効果が性交に関わる広い範囲の症状(障害)に対して、有効であることを物語っていると言えるでしょう。

実際に、血管を拡張し血流を良くすることで、勃起不全を治療するだけでなく、その相乗効果として、腰痛が改善した、冷え症が改善した、便秘が改善した・・・といった報告もあります。つまり、下半身の血流がよくなることで、その作用が別の部分にも良い影響を与える可能性も高いのです。

このようなことからも、カマグラゴールドは、高いリピート率も記録するという結果になっています。しかし、日本におけるカマグラコールドの購入には、以下のような方法しかありません。

 

  • 現在日本国内の医療機関では処方してもらえず、正規品ルートが確保されていない上に、今後も正規ルートが確保される予定がないこと。
  • 正規品を入手するには、インド国内(製造元の製薬会社がインドにあるアジャンタ・ファーマ

社)に自ら赴いて入手するか、インターネットを利用した輸入によって入手するしかないこと。

日本人がカマグラゴールドを入手しようとした場合は、インターネットを経由した個人輸入代行などで購入するしかないのが現状です。つまり、この時に本物か偽物かを見分けるための情報を持っているかどうかが重要になってきます。

例えば、偽物を購入してしまった場合、経済的な損失ということだけではなく、きちんとした成分が配合されているかどうかや、何が混入しているかわからないというリスクも抱えることになり、思わぬ副作用や摂取障害といった健康被害に陥る可能もあるからです。

ここで判別!本物と偽物の見極め方!

需要が多いカマグラゴールドの偽物は、多くの種類が出回っており、その数も減るどころか増えていく傾向にあるといわれています。その具体的な見極めのポイントを、以下に箇条書きにまとめてみました。

現在カマグラゴールドには、箱詰めタイプ(1箱4錠入り)とオレンジフレーバーの入った発砲錠(舌の上で溶かすチュアブル)タイプ(1本7錠入り)があります。

 

  • 説明書が添付されていないものは偽物です。

 

  • 正規品の大きさは1錠が人差し指に乗る程度(人差し指の爪くらいの大きさ)であり、極端に小さかったりしているものは偽物です。(箱詰めタイプの場合)

 

  • 本物の箱の裏面には「Sildenafill 100㎎」というように、有効成分シルデイナフィルの含有量を示す表示があります。(箱詰めタイプの場合)

 

  • 箱の中の包装パッケージングにある銀のシートには、製造元の「AJANTA」のロゴがホログラム(光の反射によって様々な色になります)で入っていますが、偽物は入っていないか、入っていて       も反射せず平らなシールになっています。(箱詰めタイプの場合)

 

  • 個人輸入元業者の販売実績や社名、所在地、電話番号などの会社概要や会社案内。代表者名などがきちんと表示されているかどうか、このような確認を怠らないことをおススメします。

 

  • 他と比べてあまりにも安い値段で販売している個人輸入業者や、口コミがどこにも出てこない業者は注意した方がいいでしょう。

 

  • 純正であること、正規品輸入であることを正々堂々とホームページなどで謳って説明している個人輸入業者かどうか、という点も信頼できる業者かどうかの見極めポイントです。

 

  • 同じ説明書きでも「当サイトの取り扱う商品はすべて正規品です」とたった1行だけ記載されている場合も要注意です。例えば、輸入する国の製薬に対する審査基準(各国によって差異はあります)をクリアし認可を受けたかどうかといった説明も通常はされますので、たった1行のみの説明では到底事足りない(説明不足)ということになりかねません。

 

  • 客観的な判断基準として、その個人輸入代行業者のサイトがSNSなどで頻繁に紹介されているなど、その数も多ければ多い程信頼性が増すと言えます。

 

  • 個人輸入業者としての運営歴が長ければ長い程、信頼の証しだと言えますが、最低でもその運営歴が5年以上あることをチェックすることをおススメします。

まとめ

人気のカマグラゴールドは偽造品も多く、純正正規品との見極めが大切です。例え、健康被害にあっても、個人輸入に頼るしかない現状では、すべて自己責任となってしまいます。

偽物をつかんでしまうリスクを軽減するためにも、正しい情報を収集し、見極めることが大切だといえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*