カマグラゴールドの服用方法 食事とお酒との相性について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カマグラゴールド

カマグラゴールドの服用方法は?

錠剤

カマグラゴールドは、基本的に1日に1回。1錠100㎎の服用量となっています。また、カマグラゴールドを再度服用する場合は、最低でも24時間空けるようにしましょう。例えば、1回の使用で100㎎以上服用してしまうと、副作用が強く出ることが予想されますので、服用量を守るようにしてください。

初めて使用される方は、100㎎よりも少ない量から服用することが望ましく、ピルカッターで半錠にすると、強い副作用が生じることが少ないといわれています。服用する際は、カマグラゴールドは噛み砕かずに飲むことで正常な効果を得ることが可能です。

カマグラゴールドを服用するタイミングは、性行為の約1時間前となります。効果が30分で得られる方もいますが、基本的には1時間後を考えておくと良いでしょう。

また、カマグラゴールドは必ず「水」で飲むようにしてください。水なしで飲んだり、その他の飲料で飲むことはあまり効果的ではありません。例えば、濃いお茶でカマグラゴールドを服用すると、効果が十分に発揮されないとされています。一方、グレープフルーツジュースで飲んでしまうと効果が出すぎるため、血圧が一気に下がり人体に危険を及ぼす場合があるため、注意が必要です。

【カマグラゴールドを服用する時の注意点は?】

◆カマグラゴールドは、量が多ければ多いほど効果が出る薬ではない

◆空腹時に服用すると効果的

◆アルコールはなるべく避けるようにする

◆かならず「水」で服用するようにする

カマグラゴールドと食事の関係性について

カマグラゴールドの服用方法についてご紹介しましたが、カマグラゴールドは服用するタイミングが非常に大切な薬でもあります。もし、服用するタイミングを間違ってしまうと、効果を実感することができなくなってしまう場合があります。

カマグラゴールドは食事と大きな関係性があり、食事に左右されることが多いです。そのため、カマグラゴールドはいつ服用すべきなのか、正しい服用法を以下に見ていきましょう。

【カマグラゴールドを服用するタイミングとは?】

カマグラゴールドは、バイアグラのジェネリック医薬品のため成分は同じものが使われています。バイアグラは食前や空腹時に服用することが効果的であると言われているので、同じ成分を含むカマグラゴールドも、食前や空腹時に服用することで効果を発揮します。

食前や空腹時に服用することで、薬が胃で吸収されやすくなるため、シルデナフィルが有効に働きます。それによって、最も効果を発揮しやすくなるのです。

しかし、シチュエーションによっては、どうしても食後にしか服用することができない場合もあることでしょう。そのようなときには、食事から最低3時間後の服用をおすすめします。3時間経てば、食事がほとんど吸収された後なので、効果を発揮しやすくなるといわれています。

また、食後に服用する際には、油ものを控え、お腹いっぱいになるまで食べることを避けるようにしてください。脂分が多い食材は胃に残りやすく消化が悪いため、カマグラゴールドの効果に大きな影響を及ぼします。

カマグラゴールドとアルコールの関係性について

カマグラゴールドは体内の血流を良くし、陰茎部分の血管拡張によって勃起不全を改善するという仕組みから、ED治療薬として販売されています。男性は性的な刺激を受けることによって、陰茎部分に脳から指令が送られ、勃起状態になります。

しかし、性欲が全く無い状態や、その指令がしっかりと伝わる状態でなければいくらED治療薬を服用したとしても、勃起不全の解消は期待できません。あくまでも、ED治療薬は勃起を促進させるための薬で、性欲を増加させるためのものではないのです。

脳からの指令を正常に受けるためにはお酒を控え、酔った状態での服用を避けるようにすることが重要です。アルコールの影響によって副作用が強く出てしまったり、カマグラゴールドの効果を実感できなくなる場合もあるため、可能な限り飲酒は控える方が良いでしょう。

食事と同様、アルコールはカマグラゴールドに大きく関係しています。どうしてもアルコールを摂取した後にカマグラゴールドを服用する必要がある場合は、時間を空けることが大切です。また、そのようなときでもアルコールの量を調節して少量の摂取を試みたり、最低でも1杯に抑えると、なお安心です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*