ED治療薬カマグラゴールドとは安心に正規品をネット通販

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カマグラゴールド

カマグラゴールドとはどのようなジェネリック医薬品なのか

カマグラゴールド

カマグラゴールドという名称は、少なくとも日本国内の薬剤店やドラッグストアではあまり聞かない名前ですよね。それもそのはずで、カマグラゴールドはインドのアジャンタファーマ社が開発したジェネリック医薬品だからです。

また、カマグラゴールドは、ED治療薬として世に一大センセーションを巻き起こした「バイアグラ」のジェネリック医薬品です。そのため、同じ有効成分の「シルデナフィル」が主成分となっています。

男性が勃起するメカニズムと、正常な勃起が妨げられてしまう理由

シルデナフィルは男性生殖器の働きをサポートする成分の一つで、勃起をスムーズにするための働きを持っています。その効果を説明するためには、勃起が起こる一連のメカニズムについて知ると分かりやすいかもしれません。

正常な性行為をするためには、男性生殖器が正常に勃起する必要があります。男性が、陰茎部分に何らかの性的刺激を受けると、大脳に存在する性中枢が興奮します。その興奮は脳内に留まらず、脊髄を経由し勃起神経まで到達します。すると、陰茎の動脈が拡張し、海綿体に勃起に必要な血液が集まっていくのです。こうして、性行為に必要な陰茎の固さが生まれるのです。

つまり、視覚的・触覚的な刺激によって脳が性的に興奮を感じ、神経を通じて興奮が伝達した結果、陰茎がその指示を受け取って勃起するという流れです。

それでは、シルデナフィルはこのメカニズムにおいて、どのような部分に関与しているのでしょうか?その答えは、勃起の働きをサポートする「酵素」にあります。

人間の勃起に関与する酵素は、大きく分けて以下の二種類に分かれます。

・勃起を促進する酵素「cGMP」

・勃起を抑制する酵素「PDE5」

これらの酵素は、勃起に必要な血流の調整機能を持っており、cGMPは血流を増やして勃起状態を維持し、PDE5は血流を減らして勃起状態を解除するという特徴を持っています。

陰茎自体は、性行為を必要としない場面では鎮静化させる必要がありますから、社会的生活を営むうえで陰茎の興奮・鎮静は重要です。しかし、体内において酵素のバランスが崩れると、脳の興奮・性的刺激による自然な勃起につながらなくなるリスクもあります。

EDの大きな要因の一つとなっているのが、この酵素バランスになります。性的な刺激を受けて脳が興奮していても、酵素の供給に問題が生じることで、勃起しなかったり十分な硬さが得られなかったりするのです。

PDE5が分泌されていても、それに対してcGMPの分泌が少量だった場合は、勃起を促進する力よりも抑制する力の方が強いため、十分な勃起につながりません。

カマグラゴールドに含まれる「シルデナフィル」の効果とは

上記のように、正常な勃起を実現できない場面において、シルデナフィルは効果を発揮します。具体的には、先にお伝えした勃起を抑制する酵素「PDE5」の働きを抑える効果があり、身体の血流を円滑にしてくれます。なお、これは陰茎や海綿体に限った話ではありません。

つまり、シルデナフィルとは血流を改善するというアプローチによって、EDの症状を改善するために用いられている成分なのです。

シルデナフィル、つまりカマグラゴールドを服用するタイミングですが、空腹時・性行為に及ぶ1時間前に服用するのが望ましいとされています。その後、4~6時間は効果が持続するため、比較的性行為の直前に服用した方がよい薬と言えそうです。

気になるのが副作用ですが、主な症状には以下のようなものがあります。

・頭痛

・腹痛

・のぼせ

・吐き気

・頭部や胸部の拍動感

・急な血圧の変化

カマグラゴールドを服用してから発生した効果と副作用とには比例関係があり、効果が落ち着くにつれて副作用自体も弱くなっていきます。しかし、副作用の度合いには個人差があり、人によっては、よりつらい症状を引き起こす場合もあります。心配な方は、事前に服用してみて、身体に与える影響を確認してみた方が良いでしょう。

カマグラゴールドを服用する際の注意点には、どのようなものがあるか

カマグラゴールドは、基本的にはバイアグラの服用方法に準ずる薬ではありますが、バイアグラとは異なる点もあります。以下に、主に日本で服用する場合における注意点について、いくつかご紹介します。

○基本的には、服用前に食事を摂取しておく

カマグラゴールドの主成分であるシルデナフィルの効果を発揮させるためには、極力食前に摂取する必要があります。もし、どうしても食後に服用したいという場合は、油っこい食べ物は避け、サラダ程度の軽いものにとどめましょう。油分には、有効成分の働きを阻害するリスクがあるため、特にディナーの場では注意が必要です。

また、アルコールは少量であれば問題ありませんが、もともとアルコール自体に神経伝達効果を鈍くしてしまう効果があることから、こちらも飲み過ぎないようにしましょう。

○日本人に合わせたサイズ感ではないことに注意

日本では、バイアグラにおける1粒あたりの上限量は50mgとなっています。しかし、カマグラゴールドの場合、1粒あたり100mgが基本となっているため、日本人の身体を考えると効果が出過ぎてしまう可能性もあります。

初めて服用する場合、鼻づまりや顔の赤みだけでなく、重篤な症状が出ることも考えられます。錠剤を半分・もしくは1/4程度の大きさにカットするなどして、身体に無理をかけない用量で使用しましょう。

○日本では認可されていない

バイアグラのジェネリック医薬品ですが、日本国内で認可されているものと、そうでないものがあります。カマグラゴールドは後者のため、日本のED外来なので処方されることはありません。よって、安心できる薬を飲みたいという方であれば、医師から処方された別のジェネリック医薬品を服用するのが賢明です。

なお、現在市場に出回っているものとしては、以下の2つが存在します。

・東和薬品株式会社製「キッセイ」

・キッセイ薬品工業株式会社製「YD」

ただ、シルデナフィル配合分量の上限は「50mg」となっているため、体格の大きい方であれば、100mgの規格が販売されているカマグラゴールドに魅力を感じるかもしれません。

○持病のある方は服用を控えるべき

カマグラゴールドは、日本では認可されていないジェネリック医薬品になります。そのため、何らかの持病をお持ちの方は、服用を控えた方が賢明です

特に危険なのは、不整脈など心臓の機能に関する持病のある方です。ニトリグリセリンなどの硝酸剤は血圧を下げる効果が有名ですが、シルデナフィルが配合されているカマグラゴールドも、血流をスムーズにすることで血圧を下げるという副次的効果があります。重ねて服用することにより、深刻な低血圧を招く危険性がありますから、絶対に使用しないでくださいね。

さらに、カマグラゴールドが日本の医療環境において認可されていないということは、服用は自己責任であり、何らかの重篤な副作用が発生したとしても保険が適用されないことを意味します。

以前バイアグラを服用したことがあり、より効果のある薬を飲みたいということであれば、可能性の一つとして考えるのは妥当かもしれません。しかし、今まで一度もED治療薬を服用したことがない方は、少なくとも日本国内の医師の処方を受けてからでも遅くはありません。自分の身体にシルデナフィルの効能が適応するかどうかを事前に確かめてから、カマグラゴールドを服用しましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*